ブログの報告

ブログの文字数は何文字が最適なのか

 

みなさんこんにちは。

ブログの文字数って検索されたときに影響されるの?広告が出るための条件に引っかからないの?と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

今回はブログを管理している人にとって気になる「ブログの記事の文字数」について考察していきたいと思います!

文字数は?

結果から言うと

何文字でも大丈夫!!

です。

早々に結果を伝えてしまいましたが、なぜ文字数がそこまで重要ではないのかを解説していきたいと思います!

記事の内容が重要

Googleが見ているのは文字の多さよりも記事の内容なんです。

検索したことに対して、その問題が解決されているのかが重要になってくるんですね。

だからダラダラとよくわからない言葉を並べて記事を書くよりも、内容をまとめて簡潔に分かりやすく書いたほうが読者にとっても価値の高い記事になるわけです。

検索する

タイトルをみてページを開く

新しい発見をする、疑問が解決される

というフローが大事なので、これを意識して記事を書いてみてください!

実際に文字数が評価されていることが多い

「文字数は関係ない」と言いましたが、実際には文字数が多いブログの方が評価されているのが現状です。

GoogleはSEO的に評価の基準の一つとして「網羅性」が高い記事を高く評価します。

網羅性というのは分かりやすく言えば、「分かりやすく内容が濃い」ということになります。

内容の濃い記事を書こうとするとどうしても文字数が多くなってしまうんですね。

だから検索結果の上位にくる記事は文字数が多いものが多いのです。

ですが

文字数が多い=網羅性がある記事

というわけではないので勘違いしないようにしましょう!

文字数はないよりもあった方がよい

文字数は何文字でもよいと最初に言ってしまいましたが、やはり内容の濃いブログ、検索上位を目指すのであれば文字数が多いに越したことはありません。

仮に300文字で分かりやすく簡潔出来るのであればそれでもいいのかもしれませんが、この記事のように読者に分かりやすく説明するとどうしても文字数が多くなってしまうのが現状です(笑)

1000文字から2000文字を目安に記事を書いてみよう!

文字数を意識しすぎない

文字数を意識して書いている人は意識しないで書いたほうが良い記事が書けると思います。

実際に私もいくつもの記事を書いてきましたが、文字数を意識して書いたことは一度もありません。

文字を増やそうと意識してしまうと必要のない言葉まで出てきてしまい、非常に読みづらい文章になってしまうので、もし気にして書いているのであれば気にしないで書いてみましょう。

ぶっちゃけてしまいますが・・・

もし文字数を意識しないで書いて、毎回500文字を上回ることがないという人は、もしかしたらブログに向いていないかもしれません(;^_^A

ブログというものは読者の疑問に対して答えやヒントを与えるものですので、良い文章を作らないといけません。

良い文章が作れないのに長い記事を書くことは、夏休みの読書感想文並みに辛く、面倒くさいことです(笑)

自分が無理せずに続けられるように頑張って見ましょう!

-ブログの報告

Copyright© ハロウブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.